BSI Logo
      トップページ
BSI Logo
BSI Logo
I

チームリーダー

御子柴 克彦

これまで細胞内Ca2+制御の研究分野で世界をリードする研究室を主宰してきた上で大切にしてきたモットー
JT生命誌のサイエンティストライブラリー:特別編に掲載されました。ご覧下さい。

日経バイオテク CaイオンチャネルIP3レセプターの開口機構をFRETで解明 (2011.08.30)

研究員

安東 英明
IP3受容体の制御分子として発見したタンパク質IRBITの多様な生理機能の解明と、その “柔らかい” 領域(intrinsically disordered region)を介した標的分子認識機構の解析などを行っています。

久恒 智博
Analysis of neural functions using mice lacking IP3 receptor and its associated molecules.

濱田耕造
IP3レセプターの生化学・生物医学的研究を行っています。

樺山 博之
My research interest is on Ca2+ dependent neurite extension and retraction for neuronal circuit formation for using on macropinocytosis.

河合 克宏
I am working on the biochemical studies on IRBIT.

宮本 章歳
Single molecule imaging and development of new indicators using FRET techniques.

松本 圭史
I am studying in vivo analysis of the brain function.

JSTさきがけ研究員

坂内 博子

JRA

廣内大成 東京大学大学院年です。

テクニカルスタッフ
竹内 誠 脳研究の仕事を楽しんでいます。

徳重 直子
小川 直子
寺内 明子 主に分子生物学と生化学実験を担当しています。
廣瀬 松美

実験補助

高村 美和 3人の子持ちです。

アシスタント

多田 君子

Home


©2009 発生神経生物研究チーム(理研BSI)


©2009 発生神経生物研究チーム(理研BSI)

最終更新: 2017 1031